Tokyo Art Book Fair

We are going to take part in Tokyo art book fair 2019 hosted at MOT

TOKYO ART BOOK FAIR 2019

2019年7月12日(金)〜15日(月・祝)に開催されたTABFに出展しました。
お越しいただいた皆さんありがとうございました。
応援にかけつけてくれた中村さんありがとうございました。

G文は既存のカルチャーの歴史・文化的背景を調べ考察し地域性というキーワードを用いてそのカルチャーを独自に解釈・翻訳することで新たな形を模索するということをテーマとして掲げ制作を行っており、TABFではgraffitiカルチャーを取り上げデザイナーのモリス、アーティストの吉田がそれぞれの解釈で制作したZINEを販売しました。
(ZINEの詳細は別で紹介したいと思います)

アートブックフェアでは一般に流通していない本を実際に手にとり、且つ出版社やアーティストと直接コミュニケーションがとれるので作品ができあがるまでのエピソードや思いなど気になることも直接質問もできて聞けるというこの体験こそがイベントの魅力だと実感できました。
コミュニケーションの中で私たちの制作のテーマや関心に共感を示してくれた方が逆にメディアの情報を教えてくれたり、自身が書いた論文をシェアしてくれたりしたことも嬉しかったです。

本という印刷物を通して表現する難しさもありましたが、同時に本という媒体の表現の幅の広さを知ることができました。

We exhibited at tabf2019.
Thank you very much for coming.

G-bun investigates the history and cultural background of existing culture we are interested in, making use of the keyword regionality, and we continue to consider our own interpretation of that culture, the new shape of that culture, and the shape of it that has unfolded.
We produced a zine covering graffiti culture at the TABF.

At events, you can actually obtain books not in general circulation, and you can have direct communication with publishers and artists. Even if a book can be bought online, we feel that an event’s charm
comes from getting a chance to directly ask questions about things we are interested in such as anecdotes and feelings that led to the completion of a work.

We were also happy to learn about media coverage and sympathy expressed for the themes in our productions, and seeing people sharing essays we have written.

Although there have been difficulties with representing something in book form, at the same time, we have been able to learn about the broad representations possible in the medium of books.

http://tokyoartbookfair.com